*

黒船襲来!!日本一のコンセプトアルバムを聴け!

      2016/01/12

ことあるごとにこの「黒船」のことは書いているが、何回書いても書きすぎということはないくらい素晴らしい音に満ち溢れたアルバム。

 

ぼくの大好きなトノバンこと加藤和彦が率いる初代サディスティック・ミカ・バンド

プロデューサーにクリス・トーマスを迎えて制作された2枚目のアルバムがこの黒船だ。

といってもスタジを録音は3枚で解散しちゃうんだけどね。

 

メンバーは

vo, guitar 加藤和彦

vo ミカ

bass, vocal, percussions 小原礼

drums, percussions 高橋幸宏

keyboards, saxophones 今井裕

guitar 高中正義

f414859a46dc30332ea6efc76566b581

 

常に時代を先取りしていたポップセンスの塊、加藤と無敵の布陣

そしてなんといっても当時の加藤夫人であるミカの存在感が、後に再結成されたミカ・バンドとこの初代ミカ・バンドとを全くの別物にしているのだ!

 

A面

墨絵の国へ

厳かなエレピの独奏でアルバムは幕を開ける。

2分半ほどの長いイントロの後、加藤が姿を現す。

加藤のボーカルの後をぴったり追うような高橋の朗読が不気味にも美しい。

 

何かが海をやってくる

小原のベースが船の速度を上げるように迫ってくる。高橋、今井、高中もそれに続く。

次第にバンドは激しさを増し、黒船の襲来を圧倒的な存在感でもって墨絵の国の人々に知らせるのだ。

 

タイムマシンにおねがい

言わずと知れた一気にテンションMAXな名曲。

数々のカバーあれど、ミカの存在感の前では誰もがかすんでしまう。

きらめく黄金時代は ミンクをまとった娘が

ボギーのソフトにいかれて デュッセンバーグを夢見る アハハ〜ン

なのだ、参りました!!

 

リフレインから突然終わるエンディングはビートルズのI Want Youへのオマージュに違いない。

 

黒船(嘉永6年6月2日)

ポップセンス爆発な前曲から一転、高橋の激烈カッコイイフィルインから何拍子なのかわからない変態ファンクが始まる。

ここから黒船を冠した3曲はインスト曲メドレーだが、こんなしびれるインスト曲を他に知らない。

黒船(嘉永6年6月3日)

 

黒船(嘉永6年6月4日)

リズム隊が暴れていた6月2日と6月3日から、A面の最後は高中の荘厳なリードギターで幕を閉じる。

いやーA面だけでもお金を払う価値があるくらい素晴らしい。

 

B面

よろしくどうぞ

ちんどん屋の雰囲気を出すために、スタジオ内ではなく横の路地で録音されたというお遊び曲でB面は始まる。

A面とは違いすべて歌もので、江戸時代の庶民の風景が描かれている。

 

どんたく

7日に1日は仕事もお休みさ! あーはーはー

どんたくの語源はオランダ語の日曜日

曲自体は加藤の最高傑作の1つといってもいいくらいで、スタジオ録音の完成度とテンションも異常なほどに高い。

再現は難しいようで、ライブ盤でいいのは聴いたことがない(笑)

 

トミーはこの曲が好きすぎるが、何回聴いても飽きないのだ。

 

四季頌歌

テンション高い曲に挟まれて、ちょっと一息、ホッとする佳曲だ。

頌歌(しょうか)と読めなかった(笑)

四季を称える歌ということです。

 

塀までひとっとび

これぞファンキーミュージック!!

この曲を聴くと、江戸時代の人は現代の日本人よりファンキーだったんじゃないかと思ってしまうほど、惹きこまれてしまう。

 

颱風歌

まず颱風ってこんな字もあるんやって思った(笑)

1文字目だけで台風って言うてしもてるやん(笑)

 

さよなら

嵐のあとの静けさである。

加藤の声とアコギがせつない音で鳴り響く。

さよなら。

 

1974年にリリースされた本作は1mmたりと古びていない、永遠の名盤だ。

ぜひあの世に行く時はCDを持っていくか、iPodに入れておきたまえ。

 

 - おすすめアルバム, 音楽 ,