*

みんなステージで吹かないPlease Please Meのハーモニカを吹こう!

      2017/08/24

初期ビートルズサウンドの象徴とも言えるハーモニカ。

しかしビートルズのハーモニカ事情は今でも世界中で物議を醸しているくらい、ちょっと面倒くさい。

 

面倒臭さの大半はキーと出さなければならない音についてだ。

これはビートルズ、というかジョン・レノンがハーモニカをストーンズのアプローチのようにブルース楽器としてサウンドに取り入れているのではない、というところが大きい。

 

ビートルズのブルースの解釈はとてつもなく広いので、黒人のブルースをそのままコピーしていたストーンズとは全くアプローチが異なるのだ。

 

スポンサーリンク

キーEで出ない音

その面倒臭さとジョン・レノン自身がライブやBBCのセッションといった生演奏ではほとんどハーモニカを使っていないこともあり、世のビートルズフォロワー達もPlease Please MeやFrom Me To Youを演奏する時にハーモニカを吹くことは少ない。

 

よって

Please Please Meはステージではハーモニカを使わなくてよい。

というのがビートルズバンド業界の暗黙のルールとなっているので、この曲のハーモニカの面倒臭さはあまり表に出てこないのだ。

 

エンディング以外はヴォーカルを取りながら吹くことは不可能ではないので、吹いてもよさそうなのだが誰も吹こうとしない。

あの圧倒的存在感のハーモニカリフをである。

 

サウンド的に吹いたほうがいいに決まってるのだが、ジョンもやってないし・・・

そんなこと言い出したら、リボルバー以降の曲などビートルズ自身ステージで演奏していないじゃないか(笑)

 

よし、Please Please Meを吹くぞ!キーは何だ?Eだ。

と勇んで10ホール・キーEのホーナーマリンバンドなんかを購入するのだが、多くのジョンパートの人はここで愕然とするのである。

 

音高っ!

 

・・・よし、1オクターブ下で吹くぞ・・・

え・・・?あれ?下のポジションだとC#の音がない・・・orz

Please Please Meのイントロは

E D# C# B C# B G#

なので、5〜7番穴で吹こうとするとレコードより1オクターブ高い、アホみたいな音になってしまう。

それでは下で・・・と2〜4番穴で吹こうとすると、あら不思議、こっちにはC#の音はない。

 

通常のEメジャーキーのハーモニカでPlease Please Me、そして同キーのThere’s a Placeはレコードのように吹けないのである。

 

Low-Eを使おう

ではジョンは何で吹いているのか?

 

1オクターブ低いキーEのEcho Vamperという説が有力である。

1オクターブ低いLow-Eキーを使い、5〜7番穴で吹くと、ちょうどレコードの音で、めでたしめでたしC#の音も出るというわけである。

 

使用楽器でギターなんかは結構文献や情報もあるんだけど、ハーモニカに関しては情報が少ない。

そんな安いものでもないので買って失敗するとダメージもでかい(笑)

 

使用頻度はそんなに高くない、とくれば、

「ステージでは吹かなくていいや」

となって当然であろう。

何度もいうがジョンもステージで吹いてないし・・・吹かなくていいのである(笑)

 

 - 音楽 , ,