*

継続は力なり ブログを書き続けるための5つのコツ

   

ブログは続かないのか

 

ブログを書いていると

「よくネタが続きますね」とか

「ぼくも書き始めたんですけど、続かなくていつの間にかやめちゃいました」

というようなことを言われることがある。

 

ぼくとしてはもうちょっと更新頻度を上げたいくらいなんだけどね。

更新頻度の多い少ないはさておき、何かを出力し続けるのはパワーのいることだ。

 

特にテーマを絞らない雑記のようなブログでも、特定のテーマに特化したブログでも、立ち上げた直後は自分の中に書きたいことのストックが多いはずなので、順調に更新できるよね。

 

でもしばらくするとそのストックも尽きる。

出力できなくなるというのは、入力がないということだ。

もしくは、入力があってもそれを消化できていないか、食あたりを起こしているか、何の栄養もなかったのどれかだ。

続かないのは決して書く時間がないという理由ではない。

 

うちの娘もブログを書けばいいのにと思う。

文章を書くのは慣れも必要だけど、いろんなことが勉強できるはずだ。

 

ぼくなりにブログを続けるコツがあるとしたら・・・

 

とにかく書く

 

初めのうちは自分の中でブログの内容のハードルを上げないこと。

「こんな内容だれでも知ってる」とか「面白くない」とか

こんなこと書いてもしゃーないということでも、とにかく書いて世に出そう。

 

安心し給え、あなたの書いた記事はそんな多くの人に読まれることはない。

と同時にどんなくだらないと思える記事でも、誰かの役に立つ可能性があるのだ。

 

うまく書こうとしない

 

文章や構成なども初めからうまくやろうとしたら続かない。

下手な文は言い換えれば、自分しか書けない特徴のある文章でもあるのだから。

 

入力を増やし、ネタに対するアンテナを張る

 

やはり入力がないと、いつかネタは尽きてしまう。

本を読む、映画を見る、音楽を聴く、ネット・・・

入力媒体はなんでもいいので、とにかく意識して入力は増やすようにしよう。

 

「これはブログのネタにしたらどうなるだろう・・・」というように常にアンテナを張っておくのもブログの継続には大切なことだね。

 

シリーズ化できるものはシリーズ化してみる。

 

書けるネタの中でシリーズ化できるものはシリーズ化してみるのもオモシロイ。

継続しやすくなるし、定期的に読んでくれる人や一回の訪問で読んでくれるページも増える可能性があるからね。

 

アクセス解析する

 

Google Analyticsを使ってのアクセス解析は必ずやろう。

初めは単純にアクセス数だけでもいいので、毎日見るクセをつけた方がいい。

アクセス数が増えるとモチベーションも上がるし、目標もできるしね。

 

 

ブログの執筆及びサイトの運営は多くのことが学べるので、どんな人にもおすすめの趣味ですよ。

もし私も始めてみたいという人がいたら、連絡くれたらいつでもお手伝いしますよ^^

 

 - コラム