*

DTM入門 iElectribe for iPhoneではじめるEDM その4:モジュレーション

      2016/06/24

 

前回はアンプセクションをやったね。今回はいよいよiElectribeのキモとも言えるモジュレーションに突入だ!

 

モジュレーションで揺らしてみやがれ!

 

モジュレーションとは?

モジュレーションというのは、ギターやエフェクターの世界では俗に揺らし系エフェクターって呼ばれるものだ。音を揺らせることだね。

音を揺らせるにはいくつか方法がある。

音量の変化で揺らすものと、音程の変化で揺らすのが代表的なモジュレーションの種類だ。

このiElectribeのモジュレーションはピッチモジュレーションなので、音程の変化で音を揺らすんだね。

 

ちなみに機能を拡張したり、システムの部品の一部といった意味のモジュールとは似てるけどぜんぜん意味の違う言葉なので、注意しよう。

 

ピッチモジュレーションの仕組み

ではピッチモジュレーションのやり方を見ていこう。

iElectribeのOSCと書かれたオシレーター部を見ると、以前に触ったPITCH以外に2つのツマミと波形選択パートがあるね。

2015-10-08 23.57.08

 

  • MOD DEPTH・・・揺らすピッチの幅を設定する。
  • MOD SPEED・・・揺らすスピードを設定する。
  • 波形・・・・・・・ピッチの変化がどのようなカーブを描くかだ。

この3つのパラメーターを使ってモジュレーションをかけるんだけど、このiElectribeはかなりドギツイ変態的な音を作ることが可能だ!

 

ピッチモジュレーションの操作

MOD DEPTH12時の位置にするとピッチ差0、つまりピッチの揺れはなしとなる。

右方向に回すと波形の高い部分が高いピッチになり、逆方向だと波形の高い部分が低いピッチとなる。

MOD SPEEDが揺れの速さなので、スピードを遅くしてやってみると波形とMOD DEPTHの関係がわかりやすいと思う。

試しに一番右下の単発波形でやってみるとわかりやすいだろう。

 

このセクションも今までと同じように音をSOLOで流しながらいろいろ触ってみよう。

MOD DEPTHを上げて波形やスピードを変えると、宇宙船に囚われたような気分になるので、遊んでみよう!

 

次回はエフェクト・セクションを触ってみるよ。

 

Bluetooth対応でPCにもモバイルにもオススメのKorg nanoKEY Studio

人気すぎて入荷待ちになってるレベル・・・^^;

 - DTM, 音楽 , ,