*

【英語勉強法】かっこいいロック名言で英語を学びやがれ!!:プリンス追悼編

      2017/06/13

2016年はなんという年だろう。

デヴィッド・ボウイ、グレン・フライ、モーリス・ホワイト、ジョージ・マーティン・・・

時代を創った天才たちが次々と天に召されている。

 

そしてさらに追い打ちをかけるように、2016年4月21日、殿下ことプリンス(本名:Prince Rogers Nelson)がお隠れになった。

57歳という、早すぎる死である。

「孤高」という表現が彼ほど似合うビッグアーティストはいないだろう。

 

今日はそんな孤高のアーティスト、プリンスの名言を拝みながら英語表現を勉強しよう。

 

スポンサーリンク

現在のシーンを嘆く殿下

90b68f8c-964f-4591-8158-d4fb20e6469a

 

The most important thing is to be true to yourself, but I also like danger. That’s what’s missing from pop music today. There’s no excitement or mystery.

– Prince

 

殿下は現在のポピュラーミュージックシーンの姿勢を嘆いておられる。

最初のフレーズは、「一番大切なことは自分に真摯に向き合うということ」

そして「僕は危険を好む」と言っている。危険というのはアーティストとして安全地帯にいるのではなく、冒険やチャレンジを恐れないということだ。

英文的には特に難しいところはないと思う。

次の、That’s what’s missing…というところは、That’sで今から説明があることを示し、what’sはポピュラーミュージックが失っているもの、つまり冒険やチャレンジを指している。

そしてexcitement(興奮)やmystery(神秘性)がないと嘆いている。

 

政治家なんかにできやしない

_89406320_prince-getty

 

ではもう1つ、映画や音楽といったアートの力を力説する殿下

Movies are real! Music is real! It affects people, it’s real. … The other night I went to a club and I watched a DJ control an entire room. Even politicians can’t do that.

– Prince

 

これも特に難しいところはなさそうだ。

「映画はリアルで、音楽もリアルで、人々に与える影響は大きい。」

「ある夜、クラブへ行ってDJがフロア中の人をコントールするのを見たんだ。政治家にだってこんなことできやしない!」

 

音楽の力を心から信じていたプリンスらしい言葉だ。

 

これ以上・・・

 

神様!!どうかこれ以上偉大なアーティストを連れて行くのはやめていただきたい。

ボウイは新作Blackstarをリリース直後に亡くなった。プリンスも去年新作を出したばかりだった。

ローリング・ストーンズが今年アルバムをリリースするという噂があるが・・・ひょっとするとミックかキースが・・・考えたくないことだ・・・

名言好きはこちら

スタンダードから珍名言集まで10選

 - 名言で英語, 英語, 語学・学習