*

音のしょぼい昔のCDを勝手にリマスターしてみよう! その4 イコライザー

      2017/05/11

コンプレッサーと並ぶエフェクターの雄といえばイコライザーだね。

 

イコライザー自体はオーディオのコンポについていたり、iTunesや携帯音楽プレイヤーにも付いていたりして見たり触ったりしたことのある人も多いだろう。

音の周波数帯域別に音量の調整ができるエフェクターだ。

 

こういうやつだね↓

 

イコライザーには大きくわけて2つのタイプがあって、1つは上の画像みたいにコンポやPAミキサーにあるようなグラフィック・イコライザー(グライコ)

もう1つがパラメトリック・イコライザー(パライコ)といわれるものだ。

 

スポンサーリンク

グライコとパライコの特徴

グライコは調整できる周波数が固定されていて、それぞれに音量を上下させるフェーダーがついているのが一般的だ。

 

ぱっと見て現在の設定がわかりやすいのと、ハウリングの調整などで特定の周波数にアクセスしやすいという特徴があるので、ライブPAなどにも使用されている。

 

一方パライコは調整する帯域を変更することができるので、より細かな設定に向いている。

調整する山の形もいくつかの種類があって、それによって音に及ぼす効果も異なる。

Q幅といって調整する山・谷の幅を広げたり狭めたりもできることもできる機種も多い。

ある周波数をピンポイントで上げ下げしたい場合はQ幅を狭く、大まかに自然な形で調整したい場合はQ幅を広く、といった感じだ。

 

ローパスやハイパスフィルター的な使い方ができるのもパライコの特徴の1つ。

機種によってはグライコよりも細かく調整ができるのでミキシングやマスタリングに使われるのはパライコが圧倒的に多いんだ。

 

 

 

 

アナライザー

アナライザーの機能があるEQでは視覚的に周波数分布を見ることができるので、EQに慣れないうちはとても便利だ。

 

 

ミキシングではEQを使った各トラックの音作りは欠かせない作業だが、今回の昔のCDを勝手にリマスターするという作業では微調整にとどめておいたほうがいいだろう。

  • 50〜60Hz
  • 500〜700Hz
  • 8kHz

の3ポイントくらいに絞って+-2dbくらいの範囲で微調整してみよう。

 

 - DTM, 音楽