*

【英語勉強法】英語が聴き取れない人のための練習法

      2016/07/06

なぜ英語が聴き取れないのだろう?

 

英語をずっと勉強してても聴き取るのが苦手な人は多いよね。

確かに英語には日本語にない音が多かったり、音のつながり(リエゾン)があったり、カタカナの先入観が邪魔したり、いろいろな理由があって、ぼくらの聴き取りを困難にしている。

 

問題はスピード

しかしそういった日本語と英語の音声上の違いによる問題は、比較的すぐに慣れるとぼくは思っている。

 

それよりも意識しないとなかなか向上しないのは英語を理解するスピードだ。

 

聴き取りが苦手な人は圧倒的に英語を理解するスピードが足りていないことが多いんだ。

ではどうすればスピードが上がるか?

 

英語字幕を読む

まずは以前にも書いた、英語を頭からそのまま理解する練習で本を読むのもいいだろう。

なかなか英語が上達しない人がやるべき、3つのステップ

 

ただ本を読むスピードは自分で調整が可能だから、今自分が読んでいる速度が速いのか遅いのかがつかみにくい。

 

それを測るバロメーターとして、

ドラマや映画の字幕を英語にしてついていけるか?

ということに挑戦して欲しい。

 

初めは全部読めずにすぐ字幕は消えてしまうだろう。

でもこの字幕が消えるスピードが、英語を理解している人を想定した速度だから、これについていけるようになるのを目標にして欲しい。

 

速く読めれば聴き取れる

字幕を読む練習を繰り返し、結構な割合で読めるようになってくると、不思議な事に聴き取りの能力も飛躍的にあがるはずだよ。

 

読むのと聴くのは全然違う能力に思えるかもしれないけど、インプットされる器官が違うだけで、根本は理解するスピードがカギなんだ。

 

注意して欲しいのは、あまり難解な専門用語が出てくるような作品はさけて、日常会話が多いドラマがオススメだ。

フレンズとか、フルハウスとかシットコムでもいいだろう。

そして分からない単語があったとしても、止まって調べたりせずにとりあえずスルーしておこう。その作業で嫌になるからね(笑)

 

英語の聴き取りが苦手と思っている人はぜひ自分の好きな映画やドラマで字幕を読む練習をしよう!

 

NativeCampでオンライン英会話練習!

英文法が嫌いだったぼくを救ってくれた、神書籍たち



 - 英語, 語学・学習 ,