*

【ソフトシンセ入門】 Albino3でシンセを学ぶ少女 その2:フィルター

      2017/09/12

トミー
じゃあ今日はAlbino3のフィルタ・セクションを見ていこう

 

ルーシー
一般的にフィルタっていうと何かを取り除くのよね?水から不純物を取り除いたり

 

トミー
そうだね、シンセで言うと前回のオシレータで作った波形から特定の倍音(ハーモニクス)を取り除くことで、音色が変わるんだ

 

ルーシー
倍音って?

 

トミー
音の成分みたいなものかな。ピアノの音とオルガンの音じゃ含まれてる倍音の周波数とか量が違うんだ

 

ルーシー
なるほどね、フィルタは音の3要素の音色に関わる部分ね

 

 

スポンサーリンク

Filters:フィルタ

 

オシレータ・セクションの右側の部分がフィルタ・セクションだよ。

Albino3はFilter1とFilter2の2つのフィルタがあるのがわかるね。

 

音色加工の核ともいえるフィルタには4タイプのフィルタが用意されているんだ

  • Silk
  • Cream
  • Scream
  • Comb

の4つだ。

 

2機のフィルタ・モジュールは、それぞれON/OFFの切り替えができる。

もしフィルタがOFFの場合、そのフィルタに送られた波形信号は遮断されてしまうので注意しよう。

 

まずは左上にあるフィルタのタイプが表示されているところで、フィルタを選択しよう。

 

そのすぐ下に sat というダイヤルとボタンがあるけど、これは入ってきた信号にサーチュレーションがかけられるコントロールだ。

これはフィルタに入る前にかかるということを覚えておこう。

サーチュレーションも1~4の4タイプから選択可能だよ。

 

ルーシー
saturation? 「飽和」ってこと?

 

トミー
うん、信号を飽和量以上に入力することで音を歪ませるってこと。エフェクターのオーバードライブとかディストーションみたいな感じだね

 

 

Silk Filter:シルク・フィルタ

Silk Filterを選択したら、さらにその中でフィルタタイプを選ぶ。

  • LP12dB(ローパス 12dB/Oct)
  • LP24dB(ローパス 24dB/Oct)
  • HP(ハイパス 12dB/Oct)
  • BP(バンドパス 24dB/Oct)

 

ローパスはロー(低音成分)を通過させてハイ(高音成分)をカットするフィルタ。

ハイパスはハイを通過させてローをカットするフィルタ。

バンドパスは指定した特定の周波数を通過させて、それ以外はカットするフィルタだよ。

 

ルーシー
後ろの12dB/Octって何なの?

 

トミー
それはロールオフ・スロープといってフィルタの切れ味を示す値だよ。オクターブごとに何デシベルカットするかだから、大きい方が傾斜のキツイ、切れ味の鋭いフィルタってことになるんだ

 

フィルタのカットオフレゾナンスといったパラメータは、どんなシンセのフィルタにもあるもので、基本的な使い方はどれも一緒だよ。

 

カットオフは「この周波数より上または下をカットする」という設定で、レゾナンスはカットオフで設定した周波数あたりをワザと持ち上げることで、共鳴を起こさせて独特の効果を与えるんだ。

 

Trackはキートラックとかキーフォローと呼ばれる機能で、音程にカットオフを追従させる度合いを設定することができるんだ。

高音を弾いたときにはカットオフ周波数もそれに従って上がるということだね。

 

ルーシー
どうしてそんな機能が必要なの?

 

トミー
例えばローパスフィルタで高域をカットした状態で、この機能をオフにして高い音程のメロディを弾いた場合、音の成分がかなりカットされちゃうから、低い音と高い音で音色の差が大きく出てしまうんだ

 

ルーシー
なるほどね、弾く音域に関わらず音色を均一にしたいってことね!

 

env はフィルタに対するエンベロープ(後述)の効き具合だ。

その上のボタンはエンベロープの向きを上下逆にすることができるよ。

 

そして最後の vel はベロシティがフィルタの開き具合(カットオフの値)に与える影響の度合いを設定するダイヤルだよ。

つまり、強く弾いた時と弱く弾いた時の音色を変えることができるんだね。

 

Cream Filter:クリーム・フィルタ

Cream Filterは4つのタイプと2つのモードの組合せでフィルタを設定するんだ

  • LP(ローパス)
  • HP(ハイパス)
  • BP(バンドパス)
  • N(ノッチ)

の4タイプにカットの鋭さを表すスロープ、12dB/Octと24dB/Octのどちらかを選択するようになっているね。

 

ノッチフィルタっていうのはバンドパスフィルタの逆で、指定した周波数帯をカットするフィルタだ。

 

あとのパラメータはSilk Filterと同じだよ。

 

Scream Filter:スクリーム・フィルタ

スクリーム(叫び)というだけあって他のフィルタよりエグイ効果を出すフィルタなんだ。

選択できるフィルタタイプは7つ

  • LP12(ローパス 12dB/Oct)
  • LP24(ローパス 24dB/Oct)
  • HP12(ハイパス 12dB/Oct)
  • HP24(ハイパス 24dB/Oct)
  • BP12(バンドパス 12dB/Oct
  • BP24(バンドパス 24dB/Oct)
  • Flat

 

Flatはフィルタじゃないんだけどレゾナンスを上げることで、スクリーミング・エフェクトをかけることができるんだ。

 

残りのパラメータは他のフィルタと同じだよ。

 

Comb Filter:コーム・フィルタ

コーム・フィルタは一定の周波数ごとにカットオフを繰り返す、櫛の目のようなフィルタだね。

たとえばカットオフを400Hzに設定すると、カットオフは0Hz、400Hz、800Hz、1200Hz、1600Hz・・・となる。

だからギザギザの櫛の目みたいになるんだね。

 

このフィルタだけにあるパラメータに stereo というのがある。

これは人工的にステレオ効果を生み出すもので、ダイヤルを上げていくと右チャンネルと左チャンネルとでカットオフに差を作るんだ。

このダイヤルはあまり上げ過ぎず、ちょっと上げるくらいが効果的だよ。

 

 

トミー
よし、これでフィルタ・セクションの説明は終了だよ

 

ルーシー
フィルタの設定は触ると音色が変わるから、かなり重要ね

 

トミー
そうだね、いろいろパラメータを触りながら音色がどう変わるか確かめるといいよ

 

 

今日の復習

  • オシレータで作った波形はフィルタで加工される
  • フィルタは音の3要素の音色に関わる
  • フィルタでカットしたい周波数によって、フィルタの種類を設定する

 

 

 - DTM, 音楽 , ,