*

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Cold Turkey

   

12月8日が近づいてくると、やっぱりジョン・レノンソロ曲を聴く頻度が増えるね。

ということで前回のGODに引き続き、ジョンのソロからCold Turkeyを関西弁にしてみよう。

 

スポンサーリンク

禁断症状の叫び

終始攻撃的なギターリフと、うつ病のように繰り返されるベース、本当に大丈夫か?と心配するほど鬼気迫るジョンの断末魔・・・

 

初めてShaved Fish(かつお節)っていうベスト盤で聴いた時は怖すぎて好きになれなかったけど、ジョンはこれをビートルズで出そうとしていたんだね。

でもドラッグソングと取られて猛反対されたという。

そういうところでも、もうジョンはビートルズという縛りの中でやりたくなかったんだろうね。

 

 

ビートルズではない宣言

この曲はまだ発売される前にトロントのライブで初披露されたんだけど、ビートルズのジョンを期待していたであろう聴衆の度肝を抜く、というかあまり受けなかったようだ(笑)

 

そして曲のクレジットも、ビートルズの解散を待たずレノン=マッカートニーからジョンレノン個人名義にしてしまったのだ。

 

 

 

Cold Turkey

Temperature’s rising
Fever is high
Can’t see no future
Can’t see no sky

部屋がめっちゃ暑い
熱もあるんちゃうかな
明日のことなんか、もうどうでもええわ
空も見えんようになってきた

My feet are so heavy
So is my head
I wish I was a baby
I wish I was dead
Cold Turkey has got me on the run

なんや足がダルぅて重い
頭も重いし
赤ちゃんに戻りたいなあ
いや、いっそ死んでもうた方がラクやわ
あかん、この禁断症状から逃れる方法なんてないんや

My body is aching
Goose-pimple bone
Can’t see nobody
Leave me alone

体中が痛みよる
わかるか?この骨に毛が逆立つような感覚や
もう誰が誰かもわからん
ほっといてくれ

My eyes are wide open
Can’t get to sleep
One thing I’m sure of
I’m in at the deep freeze
Cold Turkey has got me on the run

目が冴えて瞳孔も開きっぱなしや
一睡もでけん
1つだけ確かなんは
オレは冷凍保存されてもうたってことや

Thirty-six hours
Rolling in pain
Praying to someone
Free me again

もうかれこれ36時間
痛みにのたうっとる
誰でもええさかい、頼むわ
オレを解放してくれ

Oh, I’ll be a good boy
Please make me well
I promise you anything
Get me out of this hell
Cold Turkey has got me on the run

もうクスリなんかやめるがな
せやし元通り治してくれや
絶対約束は破らへんさかい
この地獄から出してくれ
ヘロインの禁断症状からは逃れられへんのや

 

「この曲を関西弁で訳して欲しい」っていうリクエストや、訳に対する指摘、クレーム、文句も大歓迎です^^

 

 - 関西弁でビートルズ, 音楽 , ,