*

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Yer Blues

      2017/05/23

ビートルズのホワイトアルバムを聴けば、20世紀ポピュラーミュージックの歴史がわかると云われている。

それほどバラエティに富んだ楽曲が1つのバンドの1アルバムに収められている例は、このホワイトアルバム以前にはもちろん存在しなかったし、それ以降も出現していない。

そして今日この関西弁シリーズで取り上げるYer Bluesは、当時イギリスで台頭していたブルース・ロック勢に対するビートルズからの回答でもあった。

「俺たちだってそれくらいできるぜ。」

と言わんばかりだ。

 

 

スポンサーリンク

ヤーブルーズ、ジョン

18qeiu5me8v8ajpg

この曲はローリング・ストーンズ主催のロックンロール・サーカスやトロントでのライブでも演奏されており、ロックンロール・サーカスの時はDirty Macという即席のスーパーバンドで演奏されている。

メンバーはジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ、ミッチ・ミッチェルという夢のような組み合わせだ。

そしてその演奏はめちゃくちゃカッコイイ!

 

 

 

Yerってなに?

Yer BluesのYerはイギリスのスラングで you’reやyourのことなんだ。

ここではyou’reの方だろう。

ロックンロール・サーカスの映像で、ジョンとその舎弟であるミック・ジャガーが話をしているが、ジョンがステージに向かう時にミックは

“You’re blues, John” 「あんたがブルースだ」

と何度も言っている。

ちなみにbluesの発音は日本ではブルースと最後のSを濁らずにスで発音しているが、本当はzの音でズだから英語圏の人にブルースの話をする時は注意しよう!

 

ジョンの食べ残しをもらう舎弟のミック・ジャガー

ジョンの食べ残しをもらう舎弟のミック

 

 

Yer Blues

Yes I’m lonely wanna die
Yes I’m lonely wanna die
If I ain’t dead already
Ooh girl you know the reason why

寂しいて死にたいわ
ほんま死にたい
でもまだ死んでへんのは
おまえはなんでか知ってんにゃろ

In the morning wanna die
In the evening wanna die
If I ain’t dead already
Ooh girl you know the reason why

朝っぱらから死にたいわ
夜も死にたい
でもまだ死んでへんのは
おまえはなんでか知ってんにゃろ

My mother was of the sky
My father was of the earth
But I am of the universe
And you know what it’s worth
I’m lonely wanna die
If I ain’t dead already
Ooh girl you know the reason why

おかんは空やとしたら
おとんは地球や
でもな、オレは宇宙なんや
どういうことかわかるやろ?
寂しい、死にたいわ
でもまだ死んでへんのは
おまえはなんでか知ってるやろ

The eagle picks my eye
The worm he licks my bone
I feel so suicidal
Just like Dylan’s Mr. Jones
Lonely wanna die
If I ain’t dead already
Ooh girl you know the reason why

鷲に目ぇつつかれて
骨には虫がたかっとる
もう自殺したい気分やわ
まるでボブディランの歌に出てくるミスタージョーンズみたいやんけ
寂しいわ、死にたい
でもまだ死んでへんのは
おまえはなんでか知ってるやろ

Black cloud crossed my mind
Blue mist round my soul
Feel so suicidal
Even hate my rock and roll
Wanna die yeah wanna die
If I ain’t dead already
Ooh girl you know the reason why

オレの心は黒雲で覆われとる
魂は青い霧でもう見えへんわ
もう自殺したい気分やわ
ロックンロールさえ嫌気がさしてきたわ
死にたい、ホンマ死にたい
でもまだ死んでへんのは
おまえはなんでか知ってるやろ

 

「この曲を関西弁で訳して欲しい」っていうリクエストや、訳に対する指摘、クレーム、文句も大歓迎です^^

 

 - 関西弁でビートルズ, 音楽 ,