*

【英語勉強法】 無料サイトでボキャブラリーのアンバランスをなくす方法

   

ぼくも含め英語の勉強法で試行錯誤しているほとんどの人は、幼少期に外国で過ごした帰国子女じゃなくて、大きくになってから英語を勉強している、もしくは勉強しなおそうと思っている人だろう。

 

その場合の問題点として、ボキャブラリーのバランスの悪さが出てしまう場合があるね。

 

というのは、政治・経済のようなテーマで出てくる難しい概念の単語は知っているのに、ネイティブなら子供でも知っている単語を知らないというようなことだね。

 

スポンサーリンク

幼少期に覚える言葉

例えば、昆虫や動植物の名前なんかは幼少期に自然と覚えるものだ。

「カマキリ」や「バッタ」「たんぽぽ」というような言葉を知らない小学生はいないだろう。

でもいざ英語でなんというかを聞かれると答えられない人も多いんじゃないかな。

カマキリ:mantis
バッタ・イナゴ:grasshopper/locust(集団で発生するようなやつ)
たんぽぽ:dandelion

 

こういう単語はビジネス英語のボキャビルではあまり登場することはないので、つい漏れがちだけど、実際の会話や本を読んだり映画を観たりする時には、常に登場する可能性のある言葉だ。

 

無料サイトで確認

こういうボキャブラリーのアンバランスをなくすためには、ネイティブの子供向けのお話しを読んでみて知らない単語に出くわさないか確認するのがいい。

もし出くわした場合はしっかりチェックしておいて覚えよう。

 

turn on put up with みたいな句動詞も子供が知っている前提で使われているので、意味が取れるようにしておこう。

 

オンラインで子供向けのお話しが無料で読めるサイトがあるので、いくつか紹介しておくよ。

話しも短いから、通勤中に読むにも最適だ。

 

Children’s Storybooks

イラストや音声入りで、幼児、子供、青少年の年齢別に分けたお話しが読めるサイト。

 

Freechildrenstories.com

年齢別の絵本が流れる動画が見られるサイト。

 

Short Stories for Children

ジャックと豆の木、ピーターラビットといったおなじみの物語が、若干リアル目のイラストと共に読めるサイト。

 

Short Stories

カラフルなイラストが楽しいショートストーリーサイト。

 

Very Short Stories for Kids

動物モノ、ウィット系などジャンルごとに分かれていて、イラストはないがショートストーリーよりもさらに短いお話しをまとめたサイト。

 

こういうサイトを使ってボキャブラリーのアンバランスをなくしていこう!

 

 - 英語, 語学・学習 ,