*

遺書を書こう!

      2016/01/12

遺書の書き方を練習しておこうと思ったんですよ。

 

遺書はいつ死んでもいいように、遺志を残しておくためのものだけど、いつ、いつ死んでもいいと思うかはわからないので、いつ、いつ死んでもいいと思ってもいいように練習しておこうじゃないか。

 

といっても今まで一度も遺書というものを書いたことがないので、さてどんなものかとググってみた。

 

実につまらない

モメないためだとか、損しないだとか、法律上の注意点のようなものばかり出てくるではないか・・・

 

馬鹿野郎!

遺書に「つまる」も「つまらない」あるか!

 

と怒るやつは怒らせておけばいいだろう。

ぼくの求めている遺書はそんな世知辛いものではないのだ。

そう、「辞世の句」

 

個人のブログをはじめるにあたって、遺書というキーワードを選んだのは、このブログが辞世の句のようなものにしたかったから。

このブログはトミーの辞世の句、遺書のつもりで綴ります。

 - コラム