目指せ国民総ブロガー ブログを始めることで得られる計り知れないメリットとは

コラム
スポンサーリンク

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。

 

みんなブログは書いているかね?

え?ブログなんぞ書いていないって?

どうして書かんのだ?

書くこともないし、時間もないし、ちゃんとした文章なんか書けないし、そもそもそんなもん書きたくないんじゃボケ!だと?

 

まあ待ち給え、そんな頭ごなしに否定しなくてもよいではないか。

今、日本でどれくらいブログを書いている人(定期的に更新)がいるかわからないけれど、相当数の人が書いているように思う。

と同時に相当数の人が書いていない。もしくは始めてはみたものの、10記事も書かぬうちにやんぺしたのではないだろうか。

だから書いてる人は書いてるし、書いてない人は書いてない・・・

「顔が右むけばちょんまげも右むく」くらいあたりまえのことである。

 

今日はブログを書いていない人がノイローゼになって寝込むくらい、ブログを書くよう勧誘しようと思っている。

なにせぼくが総理大臣かどこぞの独裁国家のトップになったあかつきには、国民の義務として制定しようと考えているくらいである。

国民の四大義務「教育、勤労、納税、ブログ」である。

 

ブログって?

そもそもブログってなんやねん?という人のために説明しよう。

といっても一言で説明するのはとても難しい。

内容は果てしなく自由であり、表現方法もWeb上でできることならなんでもできる。

 

その目的も様々で、アイドルの食ったスイーツが載ってるだけのファン以外にはクソどうでもいいものや

ミュージシャンがライブスケジュールの告知だけに使っているもの

特定のジャンルに特化したハウツーもの

商品や映画、本などのレビュー

モノを売ることに特化したアフィリエイトサイト

旅行記

コラム・批評・・・などなど

 

企業サイトのブログやアフィリエイトサイト、告知オンリーサイトを除くと、共通しているのはすべて何らかの自己表現手段であるということだ。 (企業サイトのブログも法人としての自己表現と言える)

「私はこういうことが好きなんです。」
「私はこういう考え方を持っています。」
「私の経験や知見を残します。みなさんのお役に立てば幸いです。」

 

SNSといえばTwitterFacebookなど他にも色々あるが、ツイートやFBの投稿と根本的に違うのは、ブログの記事はどんどん蓄積されていき、良い記事は何年たっても検索からアクセスされ読まれ続けるということだ。

 

基本的なスタイルとしては、このサイトもそうだけど、記事がカテゴリーに分けられていたり、タグが付いていて関連記事がまとめて読めるようになっていたりする。

 

では始めるにあたっての障壁を1つずつ取り除いていこうではないか。

 

書くことがない、何を書いていいかわからない

いや、ある。

自分で気づいていないだけなのだ。

どんな人でも役に立つ情報や考え方というのは、ある。

 

え?特に趣味もないし、あっても極めてるわけじゃないし、他にもっと詳しい人なんて山ほどいるし、わざわざ自分が書かなくても・・・って?

たとえ初心者でも中級者であっても、これから何かを始めようとしている人からしたら先輩である。

上級者にとっては当たり前過ぎる初心者なりの注意点や苦労話、気づいたことなどは、必ず求めている人がいるのだ。

とにかく何でもいい!

 

趣味がないという人なら、仕事に関わることでももちろんいい。その道のプロなんだからね。

情報じゃなくても腹の立ったことや、日頃考えていることを文にまとめてもいい。

最初はうまく書けなくても(もちろんみんなそうだ)書き続けることで慣れてくるし、どうすればうまく書けるか勉強しようと思うかもしれない。

とにかく大切なのは、書き始めて、そして書き続けることである。

 

自分がブログを始めたということ自体を記事にして、その苦労話や得た知識を書いてもいい。

ただ今日食ったメシを載せるだけというのは、有名人や山ほどファンのいる人意外はやめておいたほうがいいだろう。

そんなものは検索してまで読む人はいないからね。

料理のレシピとかはいいね。

 

 

時間がない

いや、ある。

他の事に割いているだけで、作ろうと思えば1日の中で30分くらいは捻出できるであろう。

通勤中やちょっとしたスキマ時間に、メモ帳に下書きやアイディアを書いておくだけでも執筆時間の短縮になる。

 

 

メリット

書け書けっていうけど、書いたらなんかいいことあるの?

それはもっともな質問だ。

 

わざわざ大切な時間を割くからには、何かメリットや楽しみがないと動かないのが人間だ。

ブログを書くことによって得られることは人によって違うが、ぼくの場合は

・自分の中の考えや知識を書き出すことで、曖昧だった事もスッキリする。
・書くために勉強しなければならないこともあるので、自分のためにもなる。
・アクセスが増えるとうれしい。
・微々たるものでも不労所得が発生する。

いいことだらけである。

 

何かを人に説明するためには曖昧な知識だったところをはっきりさせる必要があるし、自分自身の勉強にもなる。

アクセスを増やすためにはどうすればいいか?どういう見出しが効果的なのか?

ブログを書く前は考えなかったようなことも考えるようになるし、デザインやネットの知識などもイヤでも増える。

そうして工夫していくうちにアクセスも増えると、ロープレでレベルアップしていくような喜びがあるのだ。

 

そしてわずかでも不労取得が発生するというのは、驚異的なことである。

サラリーマンだろうが自営業だろうが、基本的には自分の時間と引き換えにお金を得る。

しかしブログは寝ている間も収入を発生させてくれる、しかも記事を書けば書くほどそれは蓄積されていく。

不労所得は自分の時間を奪われないので、一般的な労働で得た一万円とブログで得た一万円は同じ一万円ではない。

ブログで得た一万円は4倍くらいの価値があるのだ。

 

デメリット

デメリットはほとんどないと思うが、しいて言えば時間をかけて書いた記事が思ったほどアクセスがなかった時にヘコむくらいかな。

 

さあ、はじめよう

どうだろう、ブログを始める気になってくれただろうか?

やらない理由は見当たらない。

今すぐブログを始めよう、今すぐだ。

 

もし今スグ始めたいというなら、「ブログ はじめる」などで検索すれば、ブログの始め方を1から解説してくれているページがたくさん出てくるだろう。

そしてそのサイトもハウツーもののブログである。

 

もちろんトミーに「始めたいからやさしく教えやがれ」と連絡をくれれば、よろこんで教えることもできるので、遠慮なく、モジモジしないで言って欲しいと願う。

 

命あらばまた他日。では、失敬。

 

コメント

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE