自作小説

【Web小説】ロック名曲千夜一夜物語 その2 悪魔を憐れむ歌

投稿日:

悪魔は階段を下りながら、自分の手帳を確認していた。

手順1:大きな悩みか欲望を持っていて、意志の弱そうなヤツを見つける。

ページの上段には「人間を嵌めて魂を抜く手順」と書かれている。

「初仕事だから緊張するなあ。しかし、そんな都合よくいるもんかね。」

地下鉄のホームに降り立った悪魔は、ターゲットを探しながらしばらくホームをうろついていた。

ホームの先頭のあたりで一人の男に目が留まった。電車を待っているのか、いないのか、ずっとうなだれてベンチに座っている。

手順2:人畜無害な微笑を浮かべながら近づき、悩みを聞き出す。

注) いきなり悪魔だと名乗らないこと。

悪魔は少しひきつった微笑を浮かべて、男の隣に腰を下ろした。

「こんにちは、ムシュー。不躾ですが、なにか悩みごとでもあるご様子ですね。」

男は一瞬たじろいだが、悪魔の問いに答えた。

「ええ、そうなんですよ。会社が業績不振で、リストラ案が出てましてね。そこへきて先週お得意様との取引で大失敗しましてね。私なんか真っ先に肩を叩かれそうで、不安で仕方がないんですよ。」

男は今にも泣き出しそうな顔で訴えた。

手順3: 悩みを解決したり願い事を叶えると言い、悪魔であることも告げる。人間が信じない場合は細則3−1を参照。

「(こいつはいけそうだぞ)それはそれは・・・では、私があなたのお悩みを解決できると言ったらどうでしょう?」

「え、どうやって?そんな事ができるんですか?」

「ええ、実は私、悪魔なんですよ。(キマッた!)」

男は力なく鼻で笑い、

「たちの悪い冗談はやめて下さいよ。こっちは首の皮一枚で人生崖っぷちなんですから。」

「(まずい、えーっと細則・・・)よろしい、では証明してみせましょう。ただちょっと人目が多いので・・・はい、今あなたの銀行口座に一億円振り込みました。確認してみて下さい。」

男は首を傾げながらポケットからスマートフォンを取り出し、ネットバンキングで残高照会を行った。

「ほんとうだ・・・いちじゅうひゃくせんまん・・・ありがとうございます。これで万が一クビになっても大丈夫です!」

男は狂ったように飛び跳ね、到着した電車に乗って行ってしまった。

「あ、ちょっと!まだ話は・・・やべえなあ、ルシファー様になんて報告すりゃいいんだ。やっぱり読心術くらいはマスターしときゃよかったかなあ。」

悪魔は肩を落としながら階段を登り、魔界への帰途についた。

 

「お前アホか。ボランティアやってんちゃうぞ。」

「本当に、申し訳ございません。」

「まったく、わしがケネディ暗殺に立ち会った時なんかな・・・」

(また始まっちゃったよ、ルシファー様の武勇伝。なげぇんだよな。)

「キリストが磔にされた時も・・・」

(ったく、何年前の話してんだよ・・・)

「サンクトペテルブルクじゃあ・・・」

(歴史の授業かっつーの)

「おい、お前聞いとんのか。」

「はい、しっかりと心に刻んでおります。」

「初仕事とはいえ、悪魔に失敗は許されん。次の考課楽しみにしとけや。」

 

二週間後、いつものように悪魔がデスクで事務処理を行っていると、

トン、トン

と肩を叩かれて振り返ると、そこに人事部長の悪魔が微笑を湛えて立っていた。

世の中に不満な人におすすめ記事

1

世の中いろんなサービスや商売があるけど、買取サービスというのもその一つだね。   買い取ってくれるモノもいろいろあって、不動産や中古車、着なくなった服、やらなくなったゲームや本、CDなんかも ...

-自作小説
-

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE

Copyright© ガラスのタマネギは砕けない , 2018 All Rights Reserved.