恋愛したいと思わない若者。アホなのか? 若者が恋愛しない国はもうすぐ滅びる!!

コラム
スポンサーリンク

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。

 

ヨーロッパの格言にこんなのがある・・・

老人が自殺する所・・・その町はもうすぐ滅びる

– ルドル・フォン・シュトロハイム『ジョジョの奇妙な冒険』より

 

さもありなんである。

老人が暮らせないような福祉の状態だから滅びるのか、滅びるから老人が自殺するのかはわからないけれど、そんな町には住みたくないな。

 

同様に若者が恋愛しない国もさみしいもんだ。

「恋愛しない若者」というNHKの特集では、アニメオタクがクローズアップされていた。

これは番組制作側が持っていきたい意図というのが見えすぎていたが、現実逃避という面も恋愛離れの1つのファクターなのだろう。

 

恋愛しない理由

「恋愛しない若者」でググッてみると、若者が恋愛離れする原因や理由6つというエントリーが出てきた。

 

このエントリーは単に理由をやんわり考察しているだけで1ミリも役に立たないが、ぼくはその理由に関して鉄拳を喰らわせてみたい。

 

現実よりも二次元の世界が楽しいから

日本のアニメは世界一ィィィ!であり、描かれる女の子も確かにカワイイ(現実に出てきたらキモイが)

 

これはアニメにかぎらずアイドルや芸能人に憧れるのは誰にもあることだし、その対象が実在しない作品中の人物というだけのことだ。

エントリーの中にあるようにこれによって恋愛する時間がなくなるのであれば、映画ファンや読書好きの人間、バンドマンも軒並み恋愛離れすることになってしまうではないか。

 

よって理由としては却下である。

 

恋人と交際する資金がないから恋愛離れする

資金がないのは自分の責任以外のなにものでもないし、お金を使わずとも2人で楽しむ工夫もしていないと思われる。

 

しかもこれは一方(多くは男性)が遊びやデートの資金を払わないといけないというバブル時代のバカげた、もはや化石化した価値観の影響もあるので、気にする必要はない。

 

自分がカッコつけたいのであれば稼げばいいだけである。

 

恋愛離れする若者は職場と自宅の往復の日々

これもそんなブラックな企業を選んで、さらに甘んじている自分の責任である。

現状に不満があるなら打破するべく動けばいいだけの話だ。

 

エントリーでは仕事と恋愛を両立できる時期が来れば・・・とあるがそんなものが自動的にやって来るはずはなく、自分でそのように持っていかないと来ないのである。

 

だいいち若い時にいろいろ吸収し、失敗もしてないやつが年取って魅力ある人間になるわけがないし、そうなると恋愛できる確率も減る一方じゃないか。

 

生活が忙しくて余裕がない

これも自分が選んだ環境なので、理由にはならない。

 

恋愛以外にも楽しみが沢山ある

余裕はないといいながら楽しみが沢山あるのはいいことだね。

 

これは現代が楽しみが多くて、昔が楽しいことが少なかったわけではなく、昔から楽しいことなど山程あるので、まったくもって理由にならない。

今は楽しみが細分化しているだけである。

 

傷つくのが怖い

確かに誰でもフラれるのはいやだし、恋人とケンカするのもいやである。

自分が傷つくのを避けているから人を傷つけてしまうのだ。

 

人の心がわからない人間が人の集まりである国家の大事を決められるわけがなく、恋愛をしていないエリートなどに国を任せたら日本は滅ぶ。

 

まとめ

こうして見てみると全てモテない男が、自分の正当化や言い訳をしているとしか思えない理由ばかりではないか。

 

原因はほぼであり、女性はむしろ恋愛を求めている。

そもそも恋愛など「したい」とか「したくない」でするものではないし、経済的メリット、デメリットを気にしてするものでもない。

したい、したくないでコントロールできるものなど恋愛じゃあない。

恋愛とは好きな人と一緒にいたいと思う、自分ではコントロールできない感情である。

 

若者よ、恋をするのだ!

 

コメント

  1. より:

    暇金掛けてまで付き合う価値がないのが抜けてる、やり直し

  2. 自分 より:

    自分の価値観押し付けるな。はい終了。

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE