「 ビートルズ 」 一覧

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Despite Repeated Warnings

2018年9月リリースとなったポールマッカートニーのEgypt Station 僕もまだしっかり聴き込んでないけど、一聴して傑作の空気が漂っているね。   アルバムジャケットは一瞬ジョージ・ ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ And Your Bird Can Sing

ジョン・レノンはよく自分の作った曲を「嫌いだ」と公言していたよね。 ライバルであるポールの曲のことも「ばあさん向けのクソみたいな曲」とか罵ることもあったようだ。   でもポールの曲に向けた嫌 ...

レコーディング・エンジニアで追うロックアルバム グリン・ジョンズ編

僕は中学生の時に家にあったビートルズのレコードを聴き始め、その後ビートルズ周辺のアーティスト、ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、ビーチ・ボーイズ・・・というようにバンド、アーティストの関連 ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Doctor Robert

先日「リボルバー特集」と銘打ったライブで初めてDoctor Robertを演奏した。 お客さんからのリクエストもほとんどない曲だから、演奏する機会もなかったんだ。 ミドルにハーモニウムが入るくらいで比 ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Day Tripper

今日はこの曲をリクエストを頂いたので、やってみたいと思います。 意外とまだやってなかった、Day Tripper!   1965年12月3日にアルバム Rubber Soulと同時に発売され ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Paperback Writer

今日はこの曲を訳してはどうかと、リクエストを頂いたので、やってみたいと思います。 ポールの曲の中でも聴くのも演るのも好きな、Paperback Writerだ!   演奏がかっこいい! 19 ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Glass Onion

今回は当ブログのタイトルでも拝借している、Glass Onion(グラスオニオン)を関西弁にしてみよう。   この曲はホワイトアルバムに収められており、ベストアルバムの類には決して入ることの ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Taxman

  今までの関西弁ビートルズシリーズ一覧を見てみたら、リボルバーの曲を取り上げていなかったんで、今日はその冒頭を飾るTaxmanを関西弁にしてみよう。   リボルバー posted ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Piggies

ホワイト・アルバムにはジョージ・ハリスンの曲は4曲収録されている。 どこからどう見ても名曲のWhile My Guitar Gently Weeps ジョンとポールは絶対作らないであろうLong Lo ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Happiness is a Warm Gun

去年のサージェントペパー・リミックスに続き、リミックスが楽しみなホワイトアルバム。 ジャイルズ・マーチンによって作業が進められているはず(もう終わってるかも?)である。   リンゴがキレてス ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Back in the U.S.S.R.

今年、2018年はホワイトアルバム発売50周年ということで、このビートルズ関西弁シリーズもホワイトアルバムの曲を中心に攻めていきたい。   ということで、A面1曲目のBack in the ...

初めての人も、とりあえずの人も、一体型レコードプレイヤーでアナログな音楽の世界へ

あけましておめでとう、トミーだ。 2018年一発目のエントリーはアナログ・レコードについて書こうと思う。   音楽を配信するメディアがネット、サブスクリプションといった形態をとり始め、CDは ...

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE

Copyright© ガラスのタマネギは砕けない , 2018 All Rights Reserved.