太宰治

コラム

翻訳の限界? 英語にすると情緒がなくなる日本語たち

ぼく達人間が使う言葉は、この同じ地球上でも地域・文化によって異なっているよね。 なんで違うかというと、例えば気候ひとつとっても暑い地域と寒い地域では口の開け方に影響したりするからだ。
コラム

シノニムとアントニム 「白と黒」は対義語か?同義語か?

太宰治の『人間失格』の中で、ある言葉のシノニム(同義語)とアントニム(対義語)を当てっこする遊びを葉蔵と堀木がしていたのを思い出した。 この遊びは結構オモシロイ
書籍

名言を必要とする時代はもっと不幸だ・・・スタンダードから珍名言までオススメ名言集10選

様々なジャンルからポジティブになれる言葉、セリフが満載のスタンダードな名言集。 名言集で何を買おうか迷ったら、まずこれでしょ。
書籍

【おすすめ書籍】太宰治のダスゲマイネを永久に読んでいたくなる理由

文学にしろ、映画にしろ良い作品というのは「終わってほしくない」と思わせるものだね。 いつまでもその作品の世界に浸っていたい・・・ 太宰治のダスゲマイネもそんな作品の1つだ。
書籍

【おすすめ書籍】あなたは太宰治の畜犬談に笑うか?涙するか?

太宰治に対する一般的なイメージは「暗い」「自殺」というネガティブなキーワードが出てくるように思う。 しかし太宰文学の大きな特徴の1つに、人間の滑稽さ、弱さに対する絶妙の「ユーモア」のセンスがある。
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE