「 対訳 」 一覧

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Yer Blues

ビートルズのホワイトアルバムを聴けば、20世紀ポピュラーミュージックの歴史がわかると云われている。 それほどバラエティに富んだ楽曲が1つのバンドの1アルバムに収められている例は、このホワイトアルバム以 ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ I'll Cry Instead

初期ビートルズの最高傑作に挙げる人も多いアルバムA Hard Day's Nightは初の主演映画のサウンドトラックでもあり、初の全曲オリジナル作品で構成された記念すべきアルバムでもある。 &nbsp ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Julia

今回はあえてイメージ的に関西感のない曲を選んでみたよ。   この曲はホワイトアルバムに収められているジョン1人の弾き語りによる静かなナンバーだ。 インドの山奥でドノヴァンにスリーフィンガー奏 ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ The Ballad Of John And Yoko

  なんとも個人的な曲をビートルズ名義でリリースしたもんだ(笑) 本来ならジョンのソロ作品といってもいいほどの内容だよね。 なんせジョンとヨーコの結婚や新婚旅行、平和のキャンペーンのことを歌 ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ One After 909

ジョンとポールがまだ10代の頃に書かれたという習作。 ジョンによると自作、ポールによると共作、といういわゆるレノン=マッカートニーあるあるなのだが(笑)   女の子に嘘をつかれて置いてかれる ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Woman Is The Nigger Of The World

「女は世界の奴隷か!」という衝撃的な邦題のついたこの曲は1972年にアメリカと日本でシングルカットされた、女性の社会的地位向上、フェミニズムについて歌った曲だ。(なぜかイギリスではシングルカットされて ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Come Together

Let It Beの陰鬱なセッションの後、ビートルズ有終の美を飾るべくレコーディングされた世紀のアルバムAbbey Road その冒頭を飾るジョンの変態ロックナンバーがこのカムトゥゲザーだ。 &nbs ...

祝!ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル再発 ビートルズインタビュー和訳 ライブ当日 ロサンゼルスでの記者会見

1964年8月23日にロサンゼルスで行われた記者会見。 この日ビートルズは2回目の北米ツアーの真っ最中。アメリカでのビートルズ人気は最高潮に達していた。 8月19日から9月20日までの33日間で、カナ ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ You Can't Do That

A Hard Day's Nightの中の1曲であり、シングルCan't Buy Me LoveのB面に甘んじたジョンの「嫉妬ブルース」である。 ジョージの12弦のイントロで始まりジョンの325のギタ ...

関西弁でビートルズ和訳シリーズ I'm So Tired

ホワイトアルバムに収録されているこの曲は、リボルバーのI'm Only Sleepingと双璧をなすジョンのダル曲である。 出だしからハッキリと「疲れた」と言ってしまってるのだが、誰が好き好んで人が疲 ...

ビートルズはかく語りき ロックアルバムの定義が変わった日:ラバーソウル

1965年12月3日 ビートルズの6作目にあたるオリジナルアルバムRubber Soulはリリースされた。 ビートルズ自身が作詞作曲・演奏だけでなく、スタジオでのレコーディングテクニックにも興味を示し ...

ビートルズインタビュー和訳 Warwick Hotel NY 1966

1966年8月22日にニューヨークで行われた記者会見。といっても何かビートルズ側から発表するってわけじゃなく、記者が用意してきた質問にビートルズが答えるというインタビュー形式だ。 ラバー・ソウル、リボ ...

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE

Copyright© ガラスのタマネギは砕けない , 2018 All Rights Reserved.