手塚治虫

書籍

【おすすめマンガ】時計じかけのオレンジ?いえ、りんごです! 手塚治虫のブラック短編集に震えが止まらない

タイトルはもちろん「時計じかけのオレンジ」のパロディであるが、収められている短編が連載されていた頃はまだスタンリー・キューブリック監督の映画は公開されておらず、それどころかアンソニー・バージェスの原作すら読んでいなかったという。
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE