関西弁でビートルズ和訳シリーズ Day Tripper

関西弁でビートルズ
スポンサーリンク

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。

 

今日はこの曲をリクエストを頂いたので、やってみたいと思います。

意外とまだやってなかった、Day Tripper!

 

1965年12月3日にアルバム Rubber Soulと同時に発売された初の両A面シングルで、 We Can Work It Outとのカップリング。

 

関西弁でビートルズ和訳シリーズ We Can Work It Out
みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。 今日はこの曲を訳してほしいというリクエストを頂いたので、やってみたいと思います。 英語的にも意味の取り方など勉強になる点が多いので、それも解説しながらいきまし...

 

イントロのギターもかっこよくて、カバーも数多くのアーティストにされている中期ビートルズの代表曲だ。

 

 

 

翻訳時のポイント

このDay Tripperという言葉自体は本来、「日帰り旅行」の意味であるが、もちろんこの歌ではそのような意味ではない。

 

ジョンいわく言葉の響きが良いのと、当時流行っていた「トリップ」というドラッグを連想させる言葉として使ったようだ。

しかし、歌詞の内容からはあまりドラッグを連想させるようなフレーズは出てこない。

男をからかう小悪魔少女としての解釈がしっくりくるだろう。

 

“She’s a big teaser”

 

のラインは、本当は “She’s a prick teaser” と歌いたかったところだが、あえてオブラートに包んでいるね。

直訳すると、「ペニスをいじめる人」だからね(笑)

 

翻訳して気づいたんだけど、なぜかラバーソウルの頃の、特にジョンの歌には男をからかう小悪魔少女ばかり登場する。

きっとプライベートでも何かあったに違いないね!(笑)

 

 

原文の歌詞はコチラ

Day Tripper

やっと諦めついたわ
悩んでたんがアホらしいわ
あいつはただの男たらしや
男をとっかえひっかえ
もっと早う気づくべきやったわ

でも絶対最後まではヤラせてくれへん
いっつも寸止めでバイバイや
男おちょくって楽しんどる
なんですぐ分からんかったんやろ

マジやったのに
オレもその他大勢の1人やったんや
ヒッピー気取りのアホ女や
ほんま気づいてよかったわ

 

「この曲を関西弁で訳して欲しい」っていうリクエストや、訳に対する指摘、クレーム、文句も大歓迎です^^

今までのビートルズ関西弁シリーズ一覧はコチラ!

関西弁でビートルズ目次
WITH THE BEATLES Roll Over Beethoven Money A HARD DAY'S NIGHT I'll Cry Instead You Can't Do That ...

 

コメント

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE