愛はすべての人に 関西弁でビートルズ和訳シリーズ Love Comes to Everyone

関西弁でビートルズ
スポンサーリンク

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。

 

ポール来日やSGT.Pepper’sの50周年でなにかと話題に欠かないビートルズだけど、今日はあえてジョージハリスンのソロ曲で関西弁シリーズをやってみたい。

All Those Years Ago以来だね^^

 

慈愛の輝き

今日取り上げるLove Comes to Everyone(愛はすべての人に)は1979年にリリースされたアルバム George Harrison(慈愛の輝き)に収録されており、シングルカットもされている。

 

このアルバムはジョージのソロ作品の中でも特にジョージらしい愛に溢れた作品で、ぼくも大好きなアルバムの1つだ。

「慈愛の輝き」というアルバム邦題はピッタリだと思う。

 

 

特にアルバム冒頭を飾るこの曲はジョージの代表曲といってもいいくらい、ジョンのイマジンに匹敵するといっても過言ではない名曲だ。

 

愛はすべての人に

ジョージの兄貴分、ジョンレノンはビートルズ時代に史上初の衛星放送を通じ、全世界に向けて言い放った

愛こそはすべて

であると

 

そしてジョージは言った

その愛はすべての人に

合掌・・・

 

 

原文の歌詞はコチラ

Love Comes to Everyone

ほら、やってみぃな
思い切って扉を通り抜けようって気がないとな
なんでもそう簡単にはいかんっちゅうこっちゃ
それができたら、愛がみんなにいきわたるのも時間の問題やな

あんたいっつも落ち込んでるように見えるけど
結局のとこ雨が降らんかってもな
悩みは洗い流してくれるんや
ちょっと時間がかかるだけや
愛がみんなのもとに届くまではな

それはみんなの心ん中にあって
絶対変わらんもんなんや
ほら、身の回りの何かに姿を変えてんのかもしれんで
古びたり老いたりすることもないんや
そう、心の中にあるんや・・・

これホンマの話なんやで
誰にでも、あらゆる場所で起こることなんや
ノックしたらちゃんと扉は開いてくれる
ちょっと時間かかるかもしれんけど
愛はみんなのものなんや

 

「この曲を関西弁で訳して欲しい」っていうリクエストや、訳に対する指摘、クレーム、文句も大歓迎です^^

今までのビートルズ関西弁シリーズ一覧はコチラ!

関西弁でビートルズ目次
WITH THE BEATLES Roll Over Beethoven Money A HARD DAY'S NIGHT I'll Cry Instead You Can't Do That ...

 

コメント

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE