関西弁でビートルズ和訳シリーズ Nowhere Man

関西弁でビートルズ

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。

 

先日、音楽仲間と飲んでいる時にこのNowhere Manの歌詞が話題に登った。

 

仲間の一人が言うには、

isn’t he a bit like you and me?

(そんなアイツはちょっと君や僕に似てやしないか?)

 

この一節はロック・ポップスの歌詞の中では画期的な切り口であると言っていた。

 

二重の視点

確かに、まず君と僕以外の第三者として、ひとりぼっちのあいつ(彼)が存在している。

 

そして、ヴァースでは「彼」の様子や行動を見た「僕」が我々リスナーに説明するような視点であるが、コーラス部分は「僕」から「彼」へ語りかけるという形、つまり二重の視点を持っている。

 

She Loves Youの歌詞も今までになかったラブソングの視点であるが、Nowhere Manはより哲学的で深いテーマの歌詞をビートルズ(特にジョン・レノン)が書き始めたターニングポイント的作品と言っていいだろう。

 

 

ちなみにそのお酒の場には、ビートルズバンドのポール担当、ジョン担当、ジョージ担当がそろっていたので、ギターを弾きながら全員でハモったのは言うまでもない(笑)

 

スポンサーリンク

絶頂期のビートルズは

 

やはりこの頃のビートルズは全てがうまくいっていて、バンドとしてのバランスもいい。

 

衝撃的に美しい三重唱も仲良くジョン・ポール・ジョージで行い、リードギターもジョンとジョージの2人で同じギターをユニゾンで弾いたりしている。

 

作曲に関してはジョンも結構苦労したようで、あきらめかけた時にメロディと詞が浮かんできたという。

 

man, land, planといった韻の踏み方もよくできてて、日本公演でも演奏してたからジョンも気に入ってたんじゃないかな^^

 

 

原文の歌詞はコチラ

NOWHERE MAN

あいつはホンマに珍紛漢
そこに座ってもどこにもオラン
クダラン話はだあれもキカン

アイツは考え方もブレブレで
自分の行先も見失っとるけど
オレらも似たようなもんちゃうの?

まあよう聞きや珍紛漢
お前は何がわからんのかすらわからんにゃろけど
この世界なんてお前の意のままなんやで

まわりの現実を見ようともせぇへん
自分が見たいことだけ見とる
珍紛漢、オレの言うてることわかるか?

珍紛漢、心配せんかてええ
ゆっくり、自分のペースでええんや
誰かが助けてくれるまでほっといたらええんや

アイツは考え方もブレブレで
自分の行先も見失っとるけど
オレらも似たようなもんちゃうの?

まあよう聞きや珍紛漢
お前は何がわからんのかすらわからんにゃろけど
この世界なんてお前の意のままなんやで

あいつはホンマに珍紛漢
そこに座ってもどこにもオラン
クダラン話はだあれもキカン

 

「この曲を関西弁で訳して欲しい」っていうリクエストや、訳に対する指摘、クレーム、文句も大歓迎です^^

今までのビートルズ関西弁シリーズ一覧はコチラ!

関西弁でビートルズ目次
ビートルズの歌詞を関西弁で和訳したシリーズです。

 

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE