関西弁でビートルズ和訳シリーズ Whatever Gets You Thru the Night

関西弁でビートルズ

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。

 

ジョン・レノンが1973年の10月から1975年の1月まで、最愛の妻オノ・ヨーコと別居し(しかも奥さんが選んだ愛人付き!)束の間の独身生活を味わったことは有名な話だね。

 

その期間は「失われた週末」などとまるでジョンが堕落し、ロクに音楽もやってなかったような言い方をされているが、まったくそんなことはない。

酒グセの悪さで少々周りに迷惑をかけることは(多々)あったようだが、この期間中に制作されたソロアルバム、Walls and Bridges(心の橋 愛の壁)はジョンの最高傑作といってもいいだろう。

 

 

そして、悪ふざけ仲間でもあったデヴィッド・ボウイやエルトン・ジョンとのコラボなど、他のミュージシャンとの交流も積極的に行っていたんだよね。

 

今日はそのエルトン・ジョンとのコラボ曲、Whatever Gets You Thru the Night(真夜中を突っ走れ)を関西弁にしてみよう。

 

2人のジョンの共演

 

コラボ曲とはいっても作曲はジョン・レノン単独で、エルトン・ジョンは歌とキーボードで参加している。

 

実はジョン自身はこの曲自体をあまりいい出来だとは思ってなかったみたいで、エルトンが

ジョン、こらナンバーワン間違いないでぇ!

と絶賛しても、ジョンはその言葉を全く信用せず

いやいや、無理無理無理、もしナンバーワンなんか獲ったらお前のライブに出たるわ、マジで

と勢いでライブ出演を賭けてしまう。

 

スポンサーリンク

賭けには負けたが

 

フタを開けてみると、なんとこの曲は存命中のソロ曲で唯一の全米ナンバーワンヒットとなる。

ビートルズ解散後、全米ナンバーワンを獲ったのは4人で一番遅かったんだよね。

 

ってことで、男同士の約束、武士に二言はなし!

1974年11月28日、マディソン・スクエア・ガーデンでジョン・レノンはエルトン・ジョンのコンサートに飛び入り出演することになる。

 

この時、ヨーコも来ていて楽屋で再会し、別居に終止符が打たれるんだけど・・・

 

もし、ジョンが賭けに勝ってナンバーワン獲ってなかったら・・・?

コンサートに飛び入りすることもなかったのか・・・?

そしてヨーコと再会することもなかったかも・・・?

と運命の歯車を感じずにはいられない話である。

 

↓そのコンサートでの共演の様子

John Lennon Whatever Gets You Through The Night Live 1974 HIGH

エルトンはジョン・レノンとの共演にかなり興奮しているのか、めちゃくちゃカウントが速くなってしまって、サックスプレイヤーが出だし入れていない(笑)

 

↓はジョンのボーカルのみで、エルトンの上のハモリが入っていない珍しいバージョン

John Lennon Whatever Gets You Thru The Night (17 October 1974)

エルトンの上のパートが歌える人は(結構ムズい)このビデオと一緒に歌うとジョン・レノンとデュエットしている気分になれるのでオススメ(笑)

 

翻訳のポイント

 

この曲の翻訳に関して一番むずかしいのは、そのタイトルだ。

タイトルに「真夜中を突っ走れ」という邦題がついてるけど、英語としての意味が違うのはわかるよね。

 

違うのはわかるけど・・・じゃあ本当はどういう意味のタイトルか?と聞かれると困るんじゃないかな。

この曲のタイトルの英語を読んで、パッと意味の取れる人は結構英語の得意な人だと思う。

だからわかりやすい邦題をつけたんだろうけどね。

 

このように曲や映画のタイトルに邦題をつけたり、歌詞をわかりやすい日本語に訳したりする時に意訳するということと、英語を理解する時に意味そのものを間違って解釈してしまうのは全く違う話だ。

 

タイトルの whatever は whatever の持つ意味以外に解釈のしようはないし、英文の語順が表す意味は他に解釈の余地はないのである。

だから、英文を読んだり聞いたりする時は、知ってる単語をつなぎ合わせて勝手に都合のいいように意味を取ってはいけないということだね。

 

ちなみにタイトルを直訳すると

「あなたに夜を過ごさせるものがなんであれ」

という、日本語としては非常に回りくどい言い方になってしまう・・・

 

この曲に関しても、あまりわかりやすい和訳が世の中に出てなかった^^;

 

原文の歌詞はコチラ

Whatever Gets You Thru the Night

夜をどうやって過ごすかなんて
ええやん、自由やん
あんたの金やし、人生やし
かめへんやん、気にすんなって
でも花を切るだけのことで、剣はいらんで
そらやりすぎや、あかんあかん

人生をどう生きるかなんて
ええやん、自由やん
間違ってようが、正しかろうが
かめへんやん、気にすんなって
時計見ること自体時間の無駄や
やめとき、やめとき

ほら、こっち来て抱きしめてぇな、俺の言うことわかるか
聞いといて損はないで
俺のこと信じたほうがええで
な、言うこと聞いとき

何がきっかけで光明が見えるかなんて
わからんもんやで
何の前触れもなかったり、突飛なことやったりもするやん
それでええねん、結果オーライや
人を夢中にさせるんに、銃なんか必要あらへん
あかんあかん

ほら、こっち来て抱きしめてぇな、俺の言うことわかるか
聞いといて損はないで
俺のこと信じたほうがええで
な、言うこと聞いとき

 

「この曲を関西弁で訳して欲しい」っていうリクエストや、訳に対する指摘、クレーム、文句も大歓迎です^^

 

今までのビートルズ関西弁シリーズ一覧はコチラ!

関西弁でビートルズ目次
ビートルズの歌詞を関西弁で和訳したシリーズです。