関西弁でビートルズ和訳シリーズ FAB – When We Was Fab

関西弁でビートルズ

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。

 

ジョージ・ハリスンが1987年にリリースしたアルバム「Cloud Nine」は、ぼくが中学生の時にリアルタイムで買った初めてのビートルズ関連レコードだった。

 

共同プロデューサーにジェフ・リンがいることもあってか、ジョージの偏屈さとポップさがちょうどいいバランスでブレンドされている傑作アルバムだと思う。

 

今日はこのアルバムから “When We Was Fab” を関西弁にしてみよう。

 

ビートルズ時代の回顧

曲のテーマはビートルズ時代を回想する内容で、サウンドは I Am the Walrusの完全なパロディになっている。

 

リンゴ・スターのカウントから始まり、ストリングスのアレンジ、逆回転サウンド、インド楽器・・

ビートルズファンなら初めて聴いた時、ニヤリとするどころか笑い転げること間違いないだろう。

ジェフ・リン自身がビートルズマニアなので、アレンジは相当楽しんで作ったはずだ^^

 

歌詞の内容も当時のことを思わせる内容で、1番がビートルズ旋風が吹き荒れていた頃、2番がパティ・ボイドのことかな、そして展開が変わるところはジョン・レノンのことかなと、ぼくは解釈している。

 

最後のリフレインの部分ではディランの曲やビートルズがカバーしていた曲の名前が登場したりして、ニヤリポイントだね

 

ミュージックビデオも話題に

 

この曲のミュージックビデオもかなり話題になったんだよね

レコーディングにも参加しているリンゴやジェフリン、エルトン・ジョンのみならず、ビートルズの側近、二―ル・アスピノールまで登場する

しかも脇にジョン・レノンのアルバム「イマジン」を抱えているではないか!

 

そして今でも謎となっている、セイウチの着ぐるみを着たベーシストは本当にポールなのか!?(笑)

 

George Harrison – When We Was Fab (Official Music Video)

 

翻訳のポイント

ってほどのポイントはないんだけど、注目して欲しいのは、タイトル

 

When We Was Fab

 

なにか違和感を感じないだろうか?

そう、weという複数形の主語に wasという単数のbe動詞

 

ぼくはこのタイトルにジョージの愛を感じずにはいられない

僕たちFAB(ビートルズ)は絆の強い1つの存在だったんだと言っているのだ

 

 

原文の歌詞はコチラ

When We Was Fab

そう、あの頃、えらい前の話やけど
みんなケツが青かったな
夜中フラフラになって帰ってきて、朝もまともに起きれんような生活
FAB! 昔オレらがファブって呼ばれてた頃
FAB! 所得税に追い回されてた頃や

朝日の中でお前をかわいがる
そこへ夜明けの受難が訪れたんや
オレらはヤッてただけやのに
FAB! 昔オレらがイカした連中って呼ばれてた頃
FAB! お前がオレの全てで、唯一の愛やったのに

まだアニキがこの世におった頃
サツが来てごちゃごちゃ言うとったな
アニキの方が一枚上手やったけど
でも狂気がアニキを連れてってしもた
遠くへ連れていってしもたんや

涙を拡大する顕微鏡
失敗から学ばんとな
人生はまだ続くんやから
FAB! 昔オレらがファブって呼ばれてた頃
FAB! It’s All Over Now Baby Blue(これで終わりや by ボブ・ディラン)
FAB! 昔オレらがイカした連中って呼ばれてた頃
FAB! 着ぐるみ着て歌ってたっけ
FAB! You Really Got A Hold On Me (アニキと歌った曲や)
FAB! 昔オレらがファブって呼ばれてた頃

 

「この曲を関西弁で訳して欲しい」っていうリクエストや、訳に対する指摘、クレーム、文句も大歓迎です^^

今までのビートルズ関西弁シリーズ一覧はコチラ!

関西弁でビートルズ目次
ビートルズの歌詞を関西弁で和訳したシリーズです。

 

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE