書籍

書籍

【おすすめ書籍】あなたは太宰治の畜犬談に笑うか?涙するか?

太宰治に対する一般的なイメージは「暗い」「自殺」というネガティブなキーワードが出てくるように思う。 しかし太宰文学の大きな特徴の1つに、人間の滑稽さ、弱さに対する絶妙の「ユーモア」のセンスがある。
書籍

【おすすめ書籍】彼は醜く威厳もなく・・・すべてを受け入れる遠藤周作の「深い河」で愛を知る!

ぼくはこの小説に出てくる登場人物がどれも不完全で、欠陥だらけでとても好きなのだ(他人の迷惑を顧みない三條夫婦を含めて)
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE