音楽を聴こう

音楽コラム

YMO結成40周年 お花見で聴きたいプレイリスト 10曲

今年はYMO結成40周年ということで、アルバムの再発や書籍の発売が続いているね。 ぼくもYMOのONGAKUを買って、読みながらレコーディング順に聴くのは楽しすぎた。 それ以来YMOがヘビーローテーションになってしまった。
音楽コラム

【レビュー&解説】Sgt.Pepper’s 50年目の奇跡 歴史的名盤はなぜリミックスされたのか?

2017年5月26日、Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされた。 正直ビートルズのアルバムの中ではラバーソウルやハードデイズナイトほど好きなアルバムでもないし・・・
おすすめ映画

ブルースブラザーズ名シーン、名曲まとめ 結局俺たちみんな同じなんだ!

たぶんぼくが人生で一番多く観ている映画がこの「ブルースブラザーズ」だ。 初めて見たのは小学生の頃、テレビで放送していたやつを親父がビデオ録画したものだった。 吹き替えで、ノーカットじゃなかったと思う。
スポンサーリンク
おすすめアルバム

【おすすめアルバム】アンビエント入門にして究極!!ブライアン・イーノの音で部屋を飾る

ぼくがBrian Eno(ブライアン・イーノ)という名前に初めて耳にしたのは、一応グラムロックという括りの中のロキシーミュージックのメンバーとしてだったと記憶している。
おすすめアルバム

火星人でもわかる!ベストアルバム Legacyでボウイの歴史をおさらいしてみよう 後編

さあ、ボウイの歴史おさらいの後編いってみよう! 前編は1980年のスケアリー・モンスターズで過去の自分を葬り去ったところまでだったね。
おすすめアルバム

火星人でもわかる!ベストアルバム Legacyでボウイの歴史をおさらいしてみよう 前編

デビッド・ボウイが今年、2016年1月10日にこの世を去ってから、映画のリバイバルやエキシビジョンの催し等、追悼イベントが盛んに行われているよね。 11月11日にリリースされたベストアルバムもその1つ。 Legacy / レガシー ~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ
おすすめアルバム

怪しくも繊細なポップセンスを持つ男 ボブ・ウェルチのフレンチキッスに酔いしれる

のっけから失礼な話だが、ボブ・ウェルチほど見た目と音楽のギャップで損(いや、得か!?)しているミュージシャンも少ないのではないだろうか。
音楽コラム

人の嗜好はどのように形成されるんだ!?白人のロックと黒人のラップ、どっちがお好き? カニエ・ウェスト&ポール・マッカートニー

人間の「好み」というのはなかなか面白いもので、その人のある分野での好みがどのように形成されるのかという趣味嗜好形成プロセスはハッキリわかっていない(と思う) あまり深い理由もないように思える。 食べ物の好みで言うと、「生まれた家の味がそうだった。」だとか「あまり口にする機会がなかった。」
音楽コラム

すきっ歯がかわいすぎるラッパーBecky Gの動画まとめ

1997年3月2日生まれの現在19歳 本名はRebbeca Marie Gomez 世界でもっとも影響力のあるティーンシンガーだ。
おすすめアルバム

それは死ではない・・・Tomorrow Never Knowsはビートルズによる破壊の極致

もしビートルズのことはあまり知らないという若い人に、アルバムの中で何か1枚オススメを聞かれたら、僕はREVOLVERを選ぶことにしている。 理由はいくつかあるけど、最も"時代超越度"が高いからだ。
おすすめアルバム

天才スライによる唯一無二にしてファンクの最高傑作「暴動」にしびれろ!!

天才は苦しみ、引きこもり、暴動を作った。 このアルバムが製作された1971年頃、スライは多忙を極めると同時にドラッグ中毒、自身のアイデンティティと世間との隔絶、キング牧師の暗殺などによる公民権運動の迷走、黒人社会の行き詰まりなど・・・様々な要素がスライを苦しめていた。
おすすめアルバム

最強のジャズ・ヴォーカルレコード チェット・ベイカーは優しく、哀しく歌う

チェット・ベイカーはトランペッターであるが、歌も歌う。 そして、特別歌がウマイというわけでもない。 しかしそこが「酒を飲みながら」という条件をまさに満たしているところなのである。
タイトルとURLをコピーしました