【おすすめ】DTM作業用イス(チェア)選び 3つのポイント ゲーミングチェアで決まりでしょう

DTM

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。

 

前にDTM作業用デスクのおすすめを紹介したけど、長時間作業するとなるとイス選びも大切だね。

 

イスはかなりピンきりだけど、あんまり安すぎるとすぐ壊れたり、すぐ腰が痛くなって長時間作業に向いてなかったりするので、1.5万円前後はみておこう。

 

ポイント1:ひじ掛け

 

ひじ掛けのあるなしはかなり大きなポイントになってくるね

 

結論から言うと、イスに座ったままギターやベースを弾くことがあるなら、ひじ掛けなし、もしくは上げ下げできるタイプにしておこう。

 

弾くときジャマだからね。

 

ポイント2:背もたれ

 

夏場を考えると、メッシュがいいと思いがちだけど、やっぱりしっかりしたクッションがある方がいい。

 

そして背中が広いほうが疲労が少ないので、絶対ハイバックタイプを選ぼう。

 

ポイント3:価格

アーロンチェアはいいけど・・・もちろんクソ高い(笑)

 

・長時間作業でも疲れにくい
・ハイバック
・ひじ掛けなし、もしくは上げ下げができる
・2万円までの手ごろな価格

 

上記の条件に適うイスを探すと、ゲーミングチェアがベストという結論に達したのである。

 

やはり長時間イスに座って作業する人間の代名詞と言えば、プログラマかゲーマーだろう

 

そのゲーマー用に最適化されたゲーミングチェアは長時間のミックス作業等を行うDTMerにも最適なのだ!

値段も考慮し、2つに絞ったよ

 

1つ目は、ひじ掛けいらない派の人向け Bauhutte (バウヒュッテ)のRS-200

 

2つ目は、ひじ掛けが上げ下げできるタイプでPRORS製のゲーミングチェアだ

 

快適なDTM作業のために、ほんの少しイスに投資してみてはどうだろうか?

疲れにくいイスならゲーミングチェアがぜひおすすめである。

 

デスクを探している人はこちら

【おすすめ】DTM作業用パソコンデスク選びのポイント LOWYA【ロウヤ】はコスパ最強!
パソコンのデスク選び パソコン作業用のデスクを新調しようと思っていろいろ探したので、同じような条件で探している人の参考になればいいなと思います。
DTM
スポンサーリンク
シェアしていただけると泣いて喜びます
トミーをフォローする
ガラスのタマネギは砕けない
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE