【英語勉強法】ロック名言で英語を学びやがれ!!:マイルス・デイヴィス編1

名言で英語
スポンサーリンク

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。

 

ロック名言で英語を学ぶってシリーズだけど、ジャズの人が登場してもいいよね。ロックの殿堂入りもしてるんだから!

マイルス・デイヴィスは発言も生き方も、まさに帝王だ。

 

生涯現役

1991年、肺炎で65歳の生涯を終えるまで、生涯現役だったマイルスはジャズ界を牽引したばかりでなく、ジョン・レノンの追悼コンサートに出演したり、ヒップホップ界のミュージシャン、イージー・モー・ビーなんかと活動したりしていた。

 

0a8ffd6bb69f56520a5f469a72879279

 

A legend is an old man with a cane known for what he used to do. I’m still doing it.

ー Miles Davis

「伝説なんていうのは過去の業績にしがみついてる杖ついたジジイのことだろう。俺は現役だ。」

 

まさに生涯現役のマイルスらしい言葉だね。

 

スポンサーリンク

英語はあとづけあとづけ

Bb94acd03d5a910e2178a4f5dd3b6c24

 

はじめの文がちょっとわかりにくいけど、A legend is…で「伝説」っていうのはどういうことか説明しようとしてるね。

 

英語は日本語と違って基本的にあとづけあとづけで説明がくっついていく構造だから、まず A legend is an old man…で「伝説っていうのは老人だ」とやる

 

それから with a cane…で「杖を持った(ついた)」って老人の説明が加えられる。
さらに老人の説明は続いて、known for what he used to do.「知られている、彼が以前にしたいた事で」と直訳すればこんな感じだ。日本語として自然に訳すと、過去の業績や栄光にしがみついてるって感じだね。

 

used to do はよく使われる言葉で、昔よくやってたこと、昔の習慣、みたいなニュアンスだ。この使い方の時の発音は[ju:zd]ユーズドじゃなくて[ju:st]ユーストなので気をつけよう!

 

今日のポイント

  • 英文の構造はあとづけあとづけで説明を追加していく。は同じ。
  • used to…の発音は注意。
  • 帝王になれば好き放題言える。

 

NativeCampでオンライン英会話練習!

英文法が嫌いだったぼくを救ってくれた、神書籍たち
名言好きはこちら
名言を必要とする時代はもっと不幸だ・・・スタンダードから珍名言までオススメ名言集10選
必ず出会える! 人生を変える言葉2000 posted with ヨメレバ 西東社編集部 西東社 2014-12-12 Amazon Kindle 楽天ブックス 様々なジャンルからポジ...



コメント

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE