ビートルズで音楽理論を学びやがれ! セカンダリードミナントのパワー その1

ビートルズで音楽理論
スポンサーリンク

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。

 

前回まででドミナントの話が終わったので、次はセカンダリードミナントの話に移ろう!

これは作曲においてもコード進行の引き出しを増やし、曲を彩ってくれる強力なものだ。

 

セカンダリー・ドミナントとは

その曲のキーの V7 コードが正統なドミナント(プライマリードミナント)とした場合の言葉で、

セカンダリー [secondary]・・・つまり二次的な、メインではないドミナントってことだね。

 

 

Cメジャーキーでプライマリードミナントは、5度のGコードだけだったね。

 

ではセカンダリードミナントはどうかというと、上のダイアトニックコードの2度、3度、6度、7度はマイナーコードになってるけど、これをメジャーコードに変えて、フラット7thの音を加えることで作られるんだ、つまり

 

Dm → D7
Em → E7
Am → A7
Bm-5 → B7

となる

 

ダイアトニック・コードはそのキーのダイアトニックスケール(Cメジャーキーなら #もbもつかないドレミファソラシ)だけで作られるコードで、そのキーの純正コードといってもいい。

 

でもダイアトニック上のマイナーコードをメジャーコードにしてしまったら、3度の音が半音上がるということで、スケール外の音を使うことになるね。

 

このちょっとだけダイアトニックから外したコードを

別のキーのドミナントと見立てて使おう!

っていうのがセカンダリードミナントの基本的な考え方なんだ。

 

スポンサーリンク

セカンダリ―ドミナントを使った進行

では実際にビートルズが曲の中で使っている例を見ていこう!

 

II7 (5度上のキーのV)

次のようなコード進行で考えてみよう

I → vi → ii → V

キーがCなら

C → Am → Dm → G

だね

 

これはニールセダカの Oh Carol なんかでも使われてるベーシックな循環コード

このDmをメジャーコードのD(D7)にしてみよう。

C → Am → D7 → G

 

すると何が起こるかというと、

Dmをマイナーたらしめている音は、3度の F音 

これがメジャーになるということは、半音上がって、F# になる

 

この F#音 は次のコード Gコードのルート音である G と半音違いの音だね

これは以前にやった導音の働きをする音で、スケール外のF#はすごくGに進みたがるんだ。

ビートルズで音楽理論を学びやがれ! 緊張の緩和 ドミナント その1
この世の全ては「緊張の緩和」でできていると、誰かが言ったとか言わなかったとか・・・

 

そして、Dコードの出現は部分的にこの曲のキーが Gメジャーキーに転調しているとみなすことができる。

 

つまり、Cメジャーキーから5度上のGメジャーキーにおけるドミナントモーションが生まれるわけだ。

Gメジャーキーのドミナントモーション

V7 → I (D7 → G)

 

そしてコードは続き、GからCへ戻るわけだけど

これは本来のCメジャーキーのドミナントモーションだ。

 

  1. セカンダリ―ドミナントを使ったドミナントモーション
  2. 本来のドミナントモーション

 

という緊張の緩和の連続でコード進行の推進力を高めている上に、ノンダイアトニック・コードを使うことで部分転調し、ちょっと変わった雰囲気を出すこともできるんだね。

 

Like Dreamers Do [0:45]

 

ポールは最初期の作曲段階ですでにセカンダリ―ドミナントのパワーを使いこなしている。

ビートルズとしてはボツにした曲だけど、Like Dreamers Doのブリッジの最後

セカンダリ―ドミナントによって曲のクライマックスを盛り上げているね

 

Oh, I’ll be there. yeah waiting for you…

 

コード進行は

I → ii → II7 → V7 (A → Bm → B7 → E7)

 

Bmから直接ドミナントに行くんじゃなくて、セカンダリ―ドミナントのB7を挟むことで、ひとひねり加えているね。

 

このセカンダリ―ドミナントの話は、違うキーの V とか考えないといけないんで、頭が混乱するかもしれないけど^^;

できたらダイアトニックコード表なんかを見ながら確認するといいかもね。

 

 

 

では次回以降もいろいろなセカンダリ―ドミナントの使い方をビートルズの曲でみていこう!

 

今日のポイント

  • ダイアトニックコードの ii、iii、vi、viiをメジャーコードにする。
  • ii → V を II → V にすることで、部分転調&連続ドミナントモーション。

 

コメント

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE