ビートルズ

関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Help!

このアルバムが製作された頃、ビートルズは全米ツアーも行い、世界的な熱狂の渦中にいた。 その訪米中にメンバー達の憧れの対象であった、エルヴィス・プレスリーやボブ・ディランとの出会いもあった。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ アビーロードB面メドレー

ビートルズのアルバム50周年リミックスシリーズも、とうとうアビーロードまできちゃったね リリース順でいうと残すは Let It Be のみだ Let it be は音源+映像もやってほしいね
音楽コラム

ビートルズの訛り検証 Polythene Pamをリヴァプール訛りで歌うポイント

ビートルズの最後にレコーディングされたアルバム「アビーロード」の中に Polythene Pam(ポリシーン・パン)という曲がある B面メドレーの中の1曲なんだけど、ジョン・レノンの歌い方、というか発音の特徴について考えてみたい
スポンサーリンク
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ FAB – When We Was Fab

ジョージ・ハリスンが1987年にリリースしたアルバム「Cloud Nine」は、ぼくが中学生の時にリアルタイムで買った初めてのビートルズ関連レコードだった。 共同プロデューサーにジェフ・リンがいることもあってか、ジョージの偏屈さとポップさがちょうどいいバランスでブレンドされている傑作アルバムだと思う。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Maxwell’s Silver Hammer

ビートルズの実質ラストアルバムとされているアルバム「アビーロード」でも実際はこの後も「レットイットビー」に収録されている曲はジョン抜きでレコーディングされたりしているから、今はやっぱり「レットイットビー」がラストアルバムってことになっている。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Band On The Run

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットで空前のQueenブーム最初期の曲があまり映画で使われてなかったのが残念だったけど(なぜかQueen IIからはなかったんじゃないかな!?)映画としてはなかなか良かったQueenのボヘミアン・ラプソディを聴くといつも思い出すのが、ポール(ウイングス)のバンド・オン・ザ・ランだ
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Yes It Is

そして Yes It Is はその曲構成、リズム、ハーモニー、シングルのB面であることなど、兄弟のように似ている曲だブリッジだけジョンが一人になって高音に上がっていって、またヴァースで三声に戻るところなんてね、しびれるね^^
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Tomorrow Never Knows

アバンギャルドや実験性というとジョン・レノンのイメージが強いけど、このTomorrow Never Knowsで使われているようなテープループによるサウンドをビートルズで初めにやり出したのはポール・マッカートニーである。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Nowhere Man

まず君と僕以外の第三者として、ひとりぼっちのあいつ(彼)が存在している。 そして、ヴァースでは「彼」の様子や行動を見た「僕」が我々リスナーに説明するような視点であるが、コーラス部分は「僕」から「彼」へ語りかけるという形、つまり二重の視点を持っている。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Bad Boy

ビートルズのカバーはどれもこれも抜群で、特にジョンのロックナンバーはオリジナルを超えた魅力にあふれたカバーになることが多いよね。 今日はジョンの名カバーから、ラリー・ウイリアムズの "Bad Boy" を関西弁にしてみよう。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Woman

12月8日が近づいてくると、やっぱりジョン・レノンのソロ曲を聴く、演奏する機会が増える。 死の直前にリリースされたダブル・ファンタジー収録曲なんかは、これから先もずっと、平静な心で聴くことはできないと思う。
ビートルズで音楽理論

ビートルズで音楽理論を学びやがれ! セカンダリードミナントのパワー その1

前回まででドミナントの話が終わったので、次はセカンダリードミナントの話に移ろう! これは作曲においてもコード進行の引き出しを増やし、曲を彩ってくれる強力なものだ。
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE