関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Doctor Robert

先日「リボルバー特集」と銘打ったライブで初めてDoctor Robertを演奏した。 お客さんからのリクエストもほとんどない曲だから、演奏する機会もなかったんだ。 ミドルにハーモニウムが入るくらいで比較的4人のバンド編成でも演奏しやすい曲なんだけどね。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Day Tripper

このDay Tripperという言葉自体は本来、日帰り旅行の意味であるが、もちろんこの歌ではそのような意味ではない。 ジョンいわく言葉の響きが良いのと、当時流行っていた「トリップ」というドラッグを連想させる言葉として使ったようだ。 しかし、歌詞の内容からはあまりドラッグを連想させるようなフレーズは出てこない。
パソコン・スマホ

【無料神アプリ】画像加工・写真編集アプリ FotorのWeb版が登場だと!?

音楽・バンドをやっていると、必ずと言っていいほど宣材写真(いわゆるアー写)は必要になるよね。 バンドのWebサイト用の画像だったり、ライブ告知フライヤー(チラシ)に使う画像だったり、SNSにアップする画像だったりね。
スポンサーリンク
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Paperback Writer

Paperback Writerは小説家になりたい男の物語であるが、このペーパーバックというのは、きっちり製本されたハードカバー本ではなく、安い紙に刷られた、いわゆる洋書の文庫本にあたる。 解釈としては、ベストセラーになり増刷され、ペーパーバックでも出版されるほど売れっ子作家になりたいということだろう。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Glass Onion

多くの人がビートルズソングの意味を過剰に解釈、解析している状況をジョンがおちょくった曲でもある。 本当にガラス製のタマネギなんかを通してモノを見たら、歪んで見えるということだろう。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Taxman

当初アルバムタイトルは「アブラカダブラ」という呪文の言葉であったが、日本公演の際に警備の警官が持っていた回転式拳銃(リボルバー)を見てそれを正式タイトルにしたという説がある。 リボルバーの頃になるとライブツアーへの情熱も完全に冷めきって、疲弊しきっていたメンバーは今まで以上にアルバム制作へとのめり込んでいった。 このリボルバーほど静と動、ポップとアバンギャルドの振れ幅の大きいアルバムはないだろう。 まさにアブラカダブラ(祝福と厄災)なのだ。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Piggies

みんな元気か、トミー(@TomoyaTommy1203)だ。 ホワイト・アルバムにはジョージ・ハリスンの曲は4曲収録されている。 どこからどう見ても名曲のWhile My Guitar Gently Weeps ジ...
コラム

誰でもアインシュタイン!名言の作り方 すべての名言は12のパターンのうちのどれかである

歴史上に名を残す人物や、偉大な芸術家、科学者などの多くが「名言」「格言」と言われる素晴らしい言葉を残している。 君も死ぬまでに1つくらいは自分の名言を残してみたいと思ったことはないだろうか? ない? いや、正直に白状し給え。あるだろう。
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Happiness is a Warm Gun

今回はA面ラストに位置するジョンの問題作、Happiness is a Warm Gunを関西弁で訳してみたい。 歌詞の内容がエロ過ぎるので、マジメな女子は戻るボタンで戻るように(笑)
コラム

ネガティブ・シンキングのすすめ マイナスの偉人、フランツ・カフカに学ぶ

しかし、このような能天気ともいえるポジティブ・シンキング一辺倒で救える状況というのは、実は少ないのではないだろうか? 「自分自身を信じてみるだけでいいだと?それができなくなったから落ち込んでるんだろうが!」 「夢中で日を過ごせるくらいなら苦労せんわ!」 という感じで偉人とやらにツッコみたくなる。
書籍

英語学習と言えば多読、多読入門と言えばラダーシリーズ

英語の学習において最も重視しなければならないことはなにかと言うと、英語を理解するスピードを上げることだろう。 どうすればスピードが上がるのか? これには3つポイントがあって
関西弁でビートルズ

関西弁でビートルズ和訳シリーズ Back in the U.S.S.R.

そして、ジョンのRevolutionとこのBack in the U.S.S.R.も社会主義国家に対する二人の姿勢が表れている。 ジョンの方は中国の文化大革命を辛辣に批判しているが、ポールの方は軽快かつパロディ満載の愉快な曲で、それとなくソビエトをおちょくっている感じだ。
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE